省エネ化を目指すなら

観葉植物の鉢の中に電球

蛍光灯は、白熱電球などに比べると、消費電力が少ないので、節電に有効です。電球型の蛍光灯が登場するなどして、生活の様々な場面で、照明器具には蛍光灯が使われています。 一方で、LEDはさらに消費電力が少ないので、蛍光灯よりも節電効果が大きくなります。 そこで、LED蛍光灯を導入するなどして、普通の蛍光灯よりも、一段進んだ節電を実践することが期待できます。 しかし、電球式のLEDのように、既存の器具に適用するだけならよいのですが、LED蛍光灯には、器具の取替えが必要なものもあります。また、修理や交換の際には、ランプだけ交換するのではなく、器具全体を交換する必要があります。 そのため、ランニングコストと、設置コストのバランスが重要なのです。

このように検討した結果、経済的に見合うと判断された場合でも、LED蛍光灯への交換が、必ずしも適当ではない場合もあります。 LEDは、その性質上、照明の方向が限られています。一般の蛍光灯のように、周囲に満遍なく明かりを届けるというものではありません。 そこで、設置場所や設置目的によっては、LED蛍光灯では、その役割が果たしえないことも考えられるのです。 もちろん、LED照明器具の改良も進んでいるので、照明範囲を広げる工夫も次第になされるようになって来ました。 このような性質を理解した上で、LED照明器具を導入することが重要なのです。普段何気なく使用している照明ですが、実際にどの範囲を照らしているか、把握しておくことが大切なのです。